読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでパンを食らうように

在宅ジャニオタ男子。ドドドドド新規。

「なんで終わるんですか」

俺たちがそう思いたいほどには子どもじゃないアイドル香取慎吾と、本人がそう思い込んでるほどには器用でない人間香取慎吾を見た気がした。いいとも最終回。

今日もタモリは生きててこれからも楽しい芸を見せてくれる時代に生きててよかった!いいとも終わったらタモさん死んじゃうみたいな気がしてたけどこれからもMステでSMAPと並んでるの見れるから!嘘みたいだけど!エイプリルフールだけに!








草なぎ剛さん

タモリさんお疲れさまでした32年間。えーそうですね、本当にタモリさんにはたくさんお世話になりまして、言いたいことたくさんあるんですけど。
あの~、日本にはすごい面白い人がたくさんいるなぁと、また改めて思いまして。すごいコメディアンが沢山いるなと!あのー、もう、お笑い怪獣だらけだなと、今日思いまして。あの~、本当に僕らまあ一線で活躍されている方と、こう18年、20年と一緒にこう、仕事できたっていうのは本当に今日、奇跡だなと思いました。
で、当時は本当にそんな方々なので、前に出て行くこともできなくて、本当に悩んでることが多かったんですけど、今日本当、思いました。無理だな!と。この人達の中で、前に出て、何か発言するのは、すごいことなんだな、って、まぁそれも改めて思いました。
で、そうです。本当にタモリさんにはお世話になってるんですけど。あの~、そうですね、みんな、本当に、ここにいる人はタモリさんのことが大好きで。で、タモリさんから沢山の影響を受けた人達がみんなで、その中で、僕も何をやろうかなと思ったんですけど。あの~、タモリさんのそばにいるとですね、何か、物事とかを違う目で見る目ができて、何か、色んな、こう世界とかを、違う目で自分が見れるようになったりとかして。あの、色んな世界を広げてくれるのが、タモリさんのすごい素敵なところだなぁと、僕はあの~、そんなまだ、20年くらいなんですけど、あの、思いましたそれと、何か、物事の固定観念とかを、こう、取り除いてくれるところが、何かすごい素敵な、あの~、おじさんだなぁと思ってます。
えー、それと、まあみんなもそうだと思うんですけど、あの~、タモリさんの笑顔を見てますと、何か、あのー、笑った顔を見てると何か、自分が悩んでることとかが、何か、馬鹿らしいなと思えて、あの~、何か元気に、あの、前向きになれる自分がいるので、あの~、タモリさんの笑顔は、本当にみんな、大好きだと思います。
僕も何か、年取った時にですね、タモリさんみたいな素敵に笑える人間になりたいなぁと思います。あの、これからも、え~、あの~、格好良くて、そして、ちょっと変態なおじさんで居続けて下さい。




中居正広さん

え~、タモリさん。32年間お疲れ様でした。え~、僕がいいともに携わる、のはちょうどこの2014年の4月ぴったりで、ぴったり20年になりました。
え~、振り返ってみますと、94年の、この4月……んー、……まだ有名でもないですし、その、ジャニーズのアイドルとして人気もあるわけでもなかったですし、知名度もなく、ましてやマネージャーさんとかもいない、僕らを、まず、レギュラーとして迎え入れてくれて、え~、まず、深く感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。
やっぱり、…バラエティって非常に残酷なものだなぁ、とも思います。おかげさまで歌もやらさせてもらって、お芝居もやらさせてもらって、バラエティもやらさせてもらって。歌の世界っていうのは、いずれかライブとかやれば最終日があって、ドラマもクランクアップがあって、映画もオールアップがあって。何か、始める時に、そこの終わりを、ゴールに向かって、え~、それを糧にして進んでるんじゃないかなって思います。でもバラエティは、終わらない事を目指して、進むジャンルなんじゃないかなと、覚悟を持たないと、いけないジャンルなんじゃないかなと、思いながら、いいともに出させてもらったのをきっかけに、僕は、バラエティを中心に、SMAPとして、やらさせてもらおうかなと。
……非常にやっぱり、バラエティの終わりは……寂しいですね。他のジャンルは評判がよかろうが、悪かろうが、終わりがあるんですけど、バラエティって……、ゴールないところで、終わらなければならないので、こんなに残酷なことがあるのかなと、思います。
当時、俺と香取で、本当何も出来なかったんですね。「今日はこれやろう」「今日はこの話やろう」って言って何もやらなかっ、出来なかったんですけど…、でも、番組を…、タモさんをアシストする事が、楽しい番組を、娯楽を提供する手段の一つでもあるという事を僕は学びました。
残念ですね……。こんなに残念なことはないと思います。
さっきも話してましたが、タモさんは、あの、怒りもしないですし、褒めもしてくれない方でしたけど、ここ、ようやく2年、3年、4年前くらいから、ようやくご飯を食べれるように、タモさんとなり、ある時お酒を飲んだ時、タモさんが、まぁ酔っぱらってたという事もあったんですけど、僕のこと優しく抱きしめて…、優しく頭を撫でて……「中居、俺お前に感謝してるからな。本気でお前のこと感謝してるからな」って、言ってくれたのがすっごく……すっごく嬉しかったです。
今こんな形でジャニーズとか、バラエティとか普通にやってますけど、本当にあの、いいとも出させて、俺と香取で出させてもらって……、ジャニーズも、バラエティとか全然知らない、育て方とか知らない中、こんな、チャンスを与えてくれてありがとうございました。20年間、……ケガしたり病気した事で休んだ事ありました。でもどんなことあっても僕は20年間、アルタに通い続けました。ある人は、お正月になったら1年に1回休んでる人がいて、何でこの人1年に1回…ハワイにいくために…毎年毎年休みやがってぇ…。特大号の物真似で、自分がウケなかったからっつって、不参加になって……誰かと比較するのは好きじゃありませんが、僕は20年間、本当に休むことなく、サボることなく、私的なことを除いて、しっかりと全うできたと、20年間で、タモさんが「もう成人だから卒業していいんだよ」と、仰ってくれてるんじゃないかと、勝手に解釈をして、今後もいいとものレギュラーとして、胸を張って「いいともをずっとやってたんだよ」と、胸を張って恥じないように、今後もバラエティ、他のジャンル含めて頑張っていきたいと思います。
タモリさんありがとうございました。





香取慎吾さん

32年間お疲れ様でした。えー、えー……、僕は……94年から、17歳の時から、20年間お世話になりました。この4月でちょうど20年です。
まず……、すごく涙が出そうな、思いが……えー、昼間も月曜日だったんであったんですけど、昼で終われればあそこで僕泣いてたんでけど、夜もあったからすごい、変な一日でした。本当は昼間で終わりたかったですけど…。
あと、昼間始まる前に、あんまり20年僕行ったことのないタイミングでトイレに行ったら、ちょうどタモさんと一緒になっちゃって。タモさんは気付いたかどうか分からないですけど、タモさん小の方にいたんですけど、そのまんま僕挨拶せずに大きい方に隠れましたすいませんでした。
ちょっと……、あの…、大きいです。20年って。しかも10代からだったんで。
タモさんは、特に何も教えてくれませんでした。でもずっとタモさんの背中は見てました。20年一度も怒られたことないです。小っちゃいことでも怒られたことないです。僕酷かったのが、90年代、97年か8年かくらいの頃に、いいともカップが始まったくらいの時間、12時50分くらいに遅刻して入ったことがあります。有り得ません。すいませんでした。それを終わって、謝りに行った時も、「ああ、ああ、分かった分かった」って怒りませんでした。
えっと……信じられません、まだ……。答えはいりませんが、……ちょっと我慢できず言います、答えはいらないですけど、そもそもなんで終わるんですか。
え~……、あの~、え~、いっぱい言いたいことあるんですけど、 本当に色々考えて、もうここずーっと、ここのところ考えてたんですけど、結局は何も考えずに、ここまで来ました。
あの、ツヨポンが凄く仲良くてタモさん家行ったりするの、すっげぇずっと羨ましかったです。後、僕あの何か携帯の番号教えたりとか、あんまそういうのが苦手な人でなかなかタモさんと話す時間もなかったりして、 で、中居君とかそういうのも凄くする、するんですけど、で中居君とか食事よく行ったりしてるのも知ってて、「ああ、そうなんだ」とか言いながらも僕も行きたかったです。まあお前が、何か番号渡したら、お前が行きゃいいだろって話なんですけど、そういうの本当に苦手で、本当、でも……。え~……あと、あのー、生放送で、毎週20年間、出さして頂いて、 テレビに出ている僕ですけど、SMAPでも、辛かったり、苦しい時があって……。そっ、そんな時に……笑ってなきゃいけないのが辛い時もあって…… 。「笑っていいとも!」って言うのが辛い苦しい時もあったりするんだけど……始まったら……笑顔になってる自分が居て……。苦しかったりする時に……昼間にいいとも見ると、 あぁタモさんやってたり皆またやってる……。
ごめんなさいほんっと……。
ほんっとにありがとうございました……。
タモリさん、これからも、辛かったり苦しかったりしても、笑っててもいいかな?(タモリ「いいとも!」)
ありがとうございました!








俺はSMAPに対して特別ファンでもないし、笑っていいともの歴史もほとんど知りません。見たら楽しいけど、ほとんど見たことありません。今度の春か次の春かと改編のたびに打ち切りの話が出てくるのにどうせ終わらないんだろうな、と思っていました。

だからジャニーズの話をします。

まず、noon boyz、真田佑馬くんと野澤祐樹くん。
ほんとたまにしか見てなかったけど、普通に歌もダンスも上手くなったな〜と思う。青年隊が始まった時、彼らは18歳。18歳のジャニーズJr.が毎日 生放送で歌って踊ってアシスタントをして、それも普段の少クラやコンサートと違って、ジャニーズのファンじゃないバラエティーのファンの前で。ジャニオタじゃないアウェイな客と視聴者の前でのパフォーマンスができるようになったnoon boyzは本当に武器だな〜と思う。

SMAP中居正広さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さん。
香取さんの笑顔は子どもにも大人にもなりきれない不器用で滑稽でかわいそうなピーターパンの姿なのかもしれない。子役で大人になっても芸能の仕事をしている人もたくさんいるけれど、小学生の時からずっと本物の第一線から外れることを許されなかった人は香取慎吾の他にいないと思う。昨日の夜の放送からいろんな人がいろんな風に言っていたけど、そんな香取慎吾の厳しい父であり温かい母であり続けたのが中居正広で、素顔を見せることを怖がるような彼が心を許してきた親友が草なぎ剛で、そしてその三人をずっと見守っていたのがタモリだったんだな、と思いました。
で、あとちょっとだけ、じゃあ香取慎吾山下智久に対してスッと心を開いたように見えたのはなんだったんだろうかとか香取慎吾にとって山本耕史の歩み寄りはどんな出来事だったんだろうとか考えてしまいまったけどこれは別の話。