読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでパンを食らうように

在宅ジャニオタ男子。ドドドドド新規。

世間並みの幸せなんぞ夢見ちゃう

「ラララのピピピ」。モーニング娘。'14のリーダー道重さゆみさんのソロ曲です。

とにかくピコピコで可愛らしい曲ですが、パフォーマンスをする道重さんは少し大人っぽいシルバーのドレスのような衣装を身に纏って、童話のお姫様のようなティアラをつけています。歌われているのはどこにいたって何をしたって可愛い可愛い、とにかく可愛い、そしてそれを自覚している女の子。そんな女の子が夢見るのは、誰にだってできるはずのごく普通の恋。「足りないモノは手をつないだり/一般的な恋したい」「電車の中でチューしたい」「同級生に彼氏のことを/自慢したい」というフレーズの歌詞にハッとさせられます。そう、この曲はおそらく、可愛い可愛い女の子のアイドルとしてモーニング娘。のメンバーとして生きてきたと同時に、当たり前のことが経験できずちょっぴり世間知らずなまま25歳の大人の女性になった道重さゆみさんのことを歌っているのです。
珍しくちょっと乙女チックなことを書いてしまいましたが、ここから急角度でジャニーズの話になります(笑)



長い間続いている井○真央さんとの熱愛報道についてどういう感想を持たれてますか?またお似合いだと思われますか?実際どうなのかは勿論ファンには分かりませんがどう推測しているか教えて下さい。

http://ask.fm/luv_century/answer/116595903022

Ask.fmでこんな質問を受けて、一旦は回答してみましたが、なんだか引っ掛かって苦しいように感じていました。そして、俺はこの「ラララのピピピ」という曲を思い出しました。
実は、この質問で取り上げられている噂を存じ上げていなかったので、少しネットの世界で調べてみました。個人名を出すのもデリケートな話題なのでぼやかしてみますが、お相手はどうやら俺が可愛い可愛いと日々愛でているあの方のようです。ドラマ共演もして、仲のいい有名人の名前も重なるところがあるお二人ですからね、噂の真偽のほどはともかく、邪推してしまう人はいたのでしょう。
お二人とも、もうとっくに成人していて、アラサーのいわゆる結婚適齢期。仕事も順調、普通なら恋愛の一つや二つ、していたって構わないはずです。それなのに本当かもわからないこんな噂で心をざわつかせてしまう人が出てくるのは、ひとえに彼がアイドルという職業をしているからでしょう。
アイドル(idol)とは、英語で「偶像」を意味する単語です。アイドルを職業とする彼らの本当の姿など、俺たちファンには見えていません。少しだけ見せてもらえる欠片たちを集めて、自分の都合のいいように「アイドル」という偶像のパズルを作って眺めているのです。しかし、そのアイドルを務めているのは現実に生きる人間です。多面的にできている人間です。その人間は、もしかしたら自分の作った「アイドル」というパズルとは違う姿をしているのかもしれません。必死に一つ一つ集めて、大切に嵌めてきたパーツが間違いだったように見えてしまうかもしれません。けれど、見え方が変わっただけでこれまで作ってきたパズルが間違いだったわけではないんじゃないかと俺は思います。一人の人間のことを全部知っている人など、どこにもいません。少なくとも俺は、自分で自分のことを全てわかっているとは思いません。家にいる時の自分、クラスでの自分、後輩の前の自分、塾での自分、みんな違う顔をしているように感じます。
「熱愛」というワードでできたパーツは、これまで俺が作ってきたキュートでいたずらっぽくて丁寧なこのパズルにはちょっぴり嵌まりにくいものでした。彼に恋愛のような感情を持っている同性のファンからしたら、もっと厳しいことだと思います。難しいことはよくわかりませんが、このパーツに「ラララのピピピ」のメロディーをつけてみたらなんだかもっとこのパズルがいとおしくなりました。さすがつんく♂先生。てらにゃ天才。
「ラララのピピピ」には、こんなフレーズもあります。「足りないモノは 沢山あるの/カワイクたって あるのよ/明日の朝は お昼ごろまで/寝ていたい」恋愛も含めて、心の健康を保てる環境がアイドルに更に素晴らしいパフォーマンスをさせるのであれば、俺はそれを応援したいと思います。