読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでパンを食らうように

在宅ジャニオタ男子。ドドドドド新規。

関ジャニ∞楽曲大賞-2014:投票内容

関ジャニ∞楽曲大賞に投票したので記録に。

                                                              • -

楽曲部門1位:「Brilliant Blue」
まだジャニーズファンでなかった頃、レコメンリスナーとしてこの曲を聞きました。関ジャニ∞といえば「一リットルの涙の俳優がいる」「やっぱ好っきゃね~ん♪」としかイメージできていなかった自分にはかなり新鮮で、意外で、そしてとても格好よく聴こえました。
楽曲部門2位:「さよならはいつも」
夜、帰宅する電車の中でよく聴きます。車窓から見える夜景と関ジャニ∞の歌声。中学生の頃に好きだった女の子を思い出してキュンとします。ラスト40秒くらいのところのすばるさんのソロが好きです。
楽曲部門3位:「ゴリゴリ」
何の思い入れもないのですが、たまに聴きたくなります。タオル振り回したいです。関ジャニ∞がバンドやっててよかった!
楽曲部門4位:「Baby Baby」
パッチアッパーズの映画で使われていたのが印象的でした。どこか素っ気ないように感じていた自分の見ていたすばるさんのイメージと役が重なって、急に近くに寄ってきてくれたように感じました。
楽曲部門5位:「イッツ マイ ソウル」
関ジャニ∞の歌うガサツで気のいい冴えないお兄ちゃんソングは全部自分のことだと思って感情移入してるんですけど、イッツマイソウルのしょーもないことをしょーもないと明るく笑い飛ばす精神は見習いたい。ラーメン屋で聴きたいです。
ユニット・ソロ楽曲部門1位:「Kick」
担当は他のユニットの方なのですが、俺が一番好きな歌声は丸山隆平さんです。加工された声から生歌になって、最後まで勢いが止まらずにつんのめるように駆け抜けていくこの曲をさりげなく歌いこなしているの最高に格好いいです。
ユニット・ソロ楽曲部門2位:「ONE」
かなり昔の話ですが、小学生の頃に取っていた新聞にこの曲についてのインタビュー記事がありました。読者の子どもがいじめにあって辛く苦しくどこにも居場所がないと感じていた時にこの曲を聴いて一人じゃないと思えるようになった、そんな投稿に応えてのものだったと思います。ジャニーズファンになってから初めて聴いてみて、その時の記事の意味がわかりました。自分も生きていけないほど辛い孤独を味わいそうになったらONEに支えてもらいたいと思います。
ユニット・ソロ楽曲部門3位:「アイライロ
初めて聴いた時はもしかしてこの曲書いた人って天才じゃね?と興奮してしまいました。しかも作詞作曲共に安田さん本人なんですよね!とにかく曲が好きです。安田さんの自己プロデュースはとにかくヤバいです。最後の方の畳み掛けるような問い掛けが好きだ。
自担部門坂本昌行





関ジャニ∞楽曲大賞-2014:http://kj8.j-m-a.info/